環境と人材のパイオニア 株式会社プロテック

株式会社プロテックのトップページ 会社案内 事業内容 お問い合わせ リクルート

環境と人材のパイオニア 株式会社プロテック

グリス(油)をトラップ(止める)という意味で、油を大量に使用する厨房が直接下水に油を流さぬよう、環境保護のため,一時的に油を溜めておく場所として、昭和51年の建設省告示第1597号(改訂建設省告示第1674号)で義務付けられました。
グリストラップの設置が義務付けられたのは飲食店ばかりでなく、学校給食・病院・シャイン食堂・老人ホーム・食品加工工場等々と食産業の殆どを占めます。グリストラップのサイズが小さすぎたり、容量以上の油を使用する厨房では期待した効果が得られず、中の油脂・脂肪が腐敗して悪臭やハエ、蚊・ゴキブリ・うじ虫が発生するなどの問題が生じているのです。

弊社では県内一円にわたり飲食店様のグリストラップ処理を多数手掛けております。滋賀県内唯一である処理工場を持ち、収集から最終処分まで
責任ある一貫体制を敷いて降ります。焼却処理工場を自社所有するため他業者のように清掃して運ぶだけの企業より、費用の低減がより一層
図られます。

滋賀県は琵琶湖があるため、水質に対し他府県より厳しい指導がなされております。グリストラップは産業廃棄物に該当するので一般廃棄物としている
事が判明した場合、「1,000万円以下の罰金及び5年以下の懲役」
が科せられます。法令順守が叫ばれている昨今、うっかりとした事が重大な結
果をもたらす原因となります。
この機会にグリストラップ清掃・運搬・処理については、任せて安心安全な弊社まで!




≪1回当りの経費≫
運搬に使う特別車とそのドライバーの経費 + グリストラップを焼却炉で燃やす経費 
 


「店舗1回当りの目安となる料金」

●収集運搬作業代金(その店だけを行い帰社)  8,000円から30,000円程度
  平均した作業車収集運搬車・処理作業代金は 15,000円程度
●処理量は枡(ビット/縦×横×高さ)の大きさ程度  
  焼却処理代金 1kg当り/35円の経費が必要

「例」
食堂の枡の大きさ (縦0.8m×横1m×深さ0.6cm)
  0.8×1×0.6=0.48m3
  0.48×1,000kg=480kg(処理量)
  
  480(処理量)×35円(焼却費用)=16,800円(焼却処理代金)
                        =15,000円(収集運搬・作業代金)
 月当たり処理費用=31,800円
 (実際の処理量は清掃の際の水を含み350kg程度と考えられ、月当たり費用は32,000円前後と思われます)


グリストラップの溜りは油分を多く使用する店舗によって違います。普通の店舗では1ヶ月〜3か月に1回の作業をお勧めいたします。
 










   Copyright © PROTEC LTD. All rights reserved.